経歴−番外編。

=====

一旦中締め。

=====

ここまで、自分の経歴を振り返ってみて。


この経歴は時間があるときに書きとめていたものを小出しにしています。
その間に、別の事柄を挟んでいくといったスタイル。

この経歴は、U-beにかかわっている方への僕の紹介であると同時に僕自身の原点を振り返ってみるという意味合いがあります。

そして、自分への叱咤。

僕にはある命題を抱えこの道を選んだという思いがあります。
夢であり、目標です。

そして、“これをかなえるまで負けないぞ”という気概。

実際問題、様々な分野でこの箇所で悩んでいるまた壁にぶち当たっている人っているはずです。

僕は偶然この分野でこれを達成するという目標を見つけた。
そんな人たちの為に何かしらの道しるべみたいなものを作れたら幸いです。

その為にもまだまだ勉強。


・・・その情熱はまだ生きてる??


【次回は話を戻して、初めてのお仕事?です。】




経歴その8

=====

情熱ってきっと伝わる。

=====

就職試験は結局どうなった?

面接の時に、自ら持ち込んだつたない企画書をプレゼン。
・・・今考えたらプレゼンになってたのかははなはだ疑問ですが。

面接後は、充実感と本当にこれでいいのかな?っていう疑問がちらほら。

試験の結果は見事合格。

試験を受けた40人強の中から僕を一人だけ拾い上げてくれました。

後日談として社長から聞いたのですが、最後は某大学院生と専門学校生である僕が競っていたそう。

学科は当然向こうが上。
面接もやっぱり落ち着き払っている。

でもなんで、僕を選んだのか?

やはり企画書を持ち込んだというのが大きかったみたいです。
内容としてはおもいっきりダメだしされたのですが(笑)

その会社の設立以来はじめての事だったそうでインパクトがあったと。


・・・僕の片思いを解ってくれた。それが嬉しかったです。


僕が出来る数少ない自慢の一つ。
大切にしたい成功体験です。



【次回は、ちょいと中締め。番外編です。】




経歴その7

=====

就職って自分自身の営業。

=====

自分のスタイルに合う!と直感したその広告会社。

実際のところ、僕はその広告会社でしか入社試験を受けてません。
会社説明会も、この会社を含めて3社くらいしか行っていない。


・・・今考えてもチャレンジャーです(笑)


会社説明会に行く入社試験を受ける云々よりも、どうやってその会社に入ろうか?
っていうのが頭の中にありました。

自分自身の印象をその会社に残すことをまず考えました。


で、頭に浮かんだのは“企画書を書く”。


商店街の活性化の為に。っていう題目でした。
内容としては、いたってしょぼい記憶があります。
でも、試験当日の本当に直前までなれないパソコンを使って学校で作ってたなぁ。

でも、面接のときにこの企画書を持ち込んでプレゼンをしました。
えっ?学科試験は?


・・・あまり重要視してませんでした(笑)


【次回、で結果はどうなった?です。】