フロリダ日記−その3

 

 

フロリダに行った際に是非見ておきたかった事のひとつ。

それは、自動販売機です。

 

 

どこにおいてあるの?値段は?サイズは違うの?などなど。

素朴な好奇心です(笑)

 

 

結論から言うと。

防犯的な観点からか、フロリダでは日本のように外に置いてある自販機は見かけませんでした。

値段もまちまち。ペットボトルのサイズは大きい。

 

 

上の写真は乗り継ぎのアトランタ空港にあった自販機。

 

 

驚いたのが結構な割合で、クレジットカードが利用できる事でしょうか。

お金を入れる場所の横に暗証番号ボタンがあります。

日本でもおサイフケータイとかで買うことができますが。

さすがクレジットカード社会。

 

 

 

値段は、空港内でのペットボトルでの価格は2ドル〜2ドル50セント。

後日書きますが、ディズニーワールドのホテル内だと3ドル50セントというのも見かけました。

このあたりは公共施設。若干高めです。

 

 

 

一方で、スーパーの入り口や高速道路のサービスエリアになどに置いてある自販機だと1ドル50セントから1ドル75セントが相場。

缶ジュースで1ドル。

 

 

 

サイズはというとペットボトルで20オンス。ミリリットルで換算すると約591ml。

缶ジュースは、12オンス。約355ml。

 

 

 

容量の単位が違うので一概には言えないのですが、一般的な価格は日本と同じくらいか若干高めでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、これは高速道路のサービスエリアで。

ボタンが大きい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、ディズニーワールドのホテルのエントランス付近の自販機。

宿泊棟に行くと値段が上がります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子の自販機もよく見かけました。

こちらも、クレジットカードが使える表示があります。

 

 

 

後どうでもいいのですが、滞在中はファンタオレンジばかり飲んでました(笑)

ひとまず、自分の長年の疑問が解消できたので良しとします。

 

 

 

 

 

<つづく>

 

 

山口県宇部市のホームページ制作U-be【ユービー】

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般