ありがとう。チャーリー。

 

 

 

少し落ち着いたので、ご報告を。

かなり独りよがりの内容なのですが・・・

 

何度かblogにも登場している為。

そして自分自身の気持ちの整理をつけたい為、お許しください。

 

===

 

家の先住猫であるチャーリーが、1月4日未明に亡くなりました。

先日のblogでも書いていますが、アメリカから帰国したのが前日3日午後11時半過ぎ。

それから、約2時間後くらいの出来事です。

 

 

成田空港で体調が思わしくないという連絡を受けてから、ずーっとチャーリーの事を考えていました。

 

 

家に来たのが、約6年前。

家に来た直後に体調を崩し、検査の結果。猫エイズに感染していることがわかりました。

(猫エイズは、発症しなければ天寿を全うしてくれる病気です。)

 

 

数ヶ月間の治療を経て、症状は緩和。

性格も見違えるように明るくなっていきます。

 

 

その当時の僕は、今思うと精神的に厳しい状況に置かれていたのですが、

彼がずっとそばにいてくれたのを覚えています。

 

 

色んな愚痴を聞いてくれたっけ。

 

 

家族というか、盟友に近い存在でした。

 

 

再び体調を崩したのは、去年の10月。

体調は、一進一退。

入院を2回し、家にいる間も何度も動物病院へ輸液に通いました。

 

 

12月に渡米する際にも、家族に面倒を託し後ろ髪を惹かれる思いで出発。

今後におけるとても良い経験をすることができました。

 

 

そして、帰宅後まもなくの出来事です。

きっと待っててくれたんでしょう。

 

 

今日まで、身体を休めている時間に様々な想いが頭をよぎっています。

 

 

でも、彼は6年半よく頑張ってくれました。

きっと、今は痛みが無くなり元気に神様の下で遊んでいるはずです。

 

 

自分にとって良いことも、悪いことも全て受け入れて。

前へ。前へ。

 

次は僕が頑張る番です。

 

 

ありがとう。チャーリー。

 

 

===

 

 

次回からは、年末年始の出来事をご報告します。

 

 

 

山口県宇部市のホームページ制作U-be【ユービー】